最新のガスコンロは節電になる?
2016.05.26

subimg01
節約上手の方にとっては既に有名な話ですが、ガスコンロでの炊飯は電気を節約できるといわれています。理由としてガスで火をつけて炊飯することで、電気による保温効果や炊飯の為に使われる電気量の大幅な節約につながるとして評判です。炊飯して朝から晩まで保温をしておく事は、1日に10円の電気代を使用します。対してガスコンロで炊飯する場合は保温をしなくて済むのでその分を比較するとガスコンロのほうが節約できるので便利です。ガスコンロで炊くご飯のほうが炎で炊く為、ご飯を適切に甘くしてくれる効果があります。科学的にも照明されているのですが、電気よりもガスのほうが温度が高く、特に最新のガスコンロはタイマーや炊飯機能が標準装備で付いているので、最適な温度調節で炊飯が可能であり、保温をせずに炊けるので炊き立てのまま冷凍する方法などによって、おいしさをずっとキープすることは可能です。特に最新のガスコンロは、おかゆやおこわなども火力調節を行ってくれる機能が付属しています。そのため、気分に応じて好みのご飯を炊くことが可能です。

ご飯を炊くばかりでなく、トースターとしても機能が充実しているのが最新のガスコンロといえます。トースターや温め直しとして利用するだけでなく、魚焼き部分を使ってグラタンやラザニア、更にケーキ類やパイも焼けるので便利です。今までオーブンやトースターがなかったために利用できなかった料理が楽しめます。もちろん魚焼き機の中に入る大きさの料理が大切といえます。特にカップケーキやマフィンなど、幼いお子さんのおやつになりそうなものも最新機種であれば料理のレシピを購入した商品の中に添付しているところも少なくありません。そのため、これから初めて料理を造ろうと考えている人にも最適な料理がすぐ作れます。

ガスで過熱するのは、電気よりもずっと火が中まで染みとおっている為、冷めても非常においしいです。また、最新機種の場合には通常よりも質の高い料理を完成させる事が大切といえます。そのため、電気で料理をするよりもずっと火が早く通り、節電につながるのはメリットです。短時間で複数の料理を同時にできる為、上手に火力を使うことでよりいっそう家の中でおいしい料理を堪能できるのがメリットです。子供の離乳食から高齢者の為にやわらかくした食事なども全て作れるのがメリットといえます。最新機種ならではの質の高さが魅力的といわれ、機能を上手に使うことで、コンロ1つで全ての料理を短時間に作れ、効率よく時間を使えるのもメリットです。

▲ ページトップへ