ガスコンロを機能で選ぶ際のポイント
2016.05.26

subimg05
ガスコンロが古くなったり、壊れたりなどの原因で買い換えを考えている場合、色々な機能があるので迷ってしまうことでしょう。ただし、一番大切な選ぶポイントは製品のサイズとなりますので、そちらを確認してから購入することが大切です。サイズが間違っていては、交換時に元の製品があった場所に収まらない可能性があるからです。そのため、メジャーなどを利用して、置き場所のサイズをきちんと測っておきましょう。なお、火を利用した調理器具なので、ある程度カベから離すのも重要となるため、そのスペースもきちんと考えることが大事になります。

次にガスコンロを選ぶポイントは、鍋やフライパンを乗せる部分である口の数です。この口の数によって一度に調理できる料理の数も変わりますので、家族の人数考えて必要とする料理量をきちんと算出してから選ぶようにしましょう。口数が決まったのならば、次は火力を考えましょう。火力によって調理のできが変わりますので、大は小をかねる高火力のものを選ぶことをお勧めします。火力のことは製品のカタログに記載されているため、購入時には必ず読むようにしましょう。また、複数ある中の一つの口だけ、火力が強くなっている製品も販売されています。この機能はとても便利なのですが、カベに面した場所を高火力にしてしまうと、カベが焦げ付いてしまう可能性があるため注意が必要です。

ガスコンロの上部に求める希望が決まったら、内部にあるグリルのことも考えるようにしましょう。グリルは主に魚を焼くときに利用するのですが、片面焼きと両面焼きがあります。魚をあまり食べないのならば片面で良いのですが、よく食べるというなら、ひっくり返す手間もいらず調理時間も半分近くになる両面焼きをにしておきましょう。なお、昔のグリルには水が必須でしたが、現在の製品では水なしで利用できるものも多く販売されています。水を使うことによって、用意や後片付け時に面倒な作業が増えますので、できるならば水なしのほうが良いでしょう。そして、吹きこぼれたときや、長時間利用していたときにガスを自動に止めてくれる機能などの安全面をサポートしてくれる製品もあります。ガスを使っての調理はとても便利ですが、アクシデントが起こると被害も大きくなりやすいので、自動停止は欠かせません。幸い安全面をサポートしてくれるシステムはほとんどの製品に付いていますので、確認は一番最後でも大丈夫です。

▲ ページトップへ